今回の参院選(2016年)について

今回の参院選(2016年)について「入れたい人がいない」という声は、いつにもまして多い気がする。

僕の場合、これまでの選挙では割と「民主+社民」とか「民主+共産」というような入れ方をして来たんだけど、今回はまず「民主」が無くなった。「民進党」とかいう変な名前の、単なる選挙用互助会と化した変な政党になってしまった。そして民進党は政策的にも支持しづらい。僕自身は黒田日銀総裁の進めている「量的金融緩和」や「マイナス金利」自体には賛成。ただし緩和した金が大企業の内部留保に留まってしまっていることには大きな問題があると思うので、民進党には自民党に変わって政権を担当できるレベルで「現実的・具体的」な政策を掲げて戦って欲しかったのだが、今回、民進党の掲げている政策は僕の期待に叶うものにはなっていない。

掲げている政策的には、意外と「新党改革」(かつて舛添がいた政党)が良いと思ったが、「結局死票になりそう」「自民に吸収合併されそう」というような理由で、積極的には支持しづらい。

で、今回の参院選では、野党共闘の旗印として「改憲阻止」とかという文言が前面に出されて、民進党がその中心になっているんだけど、民進党にだって改憲派いるよね?(前原とか。)その辺りを隠して、社民や共産と一緒に「護憲派」の振りをしているところが、どうにも信用できない。民進党の信用できなさは、消費税の延期についても同様。だって「消費税増税」は、もともと民主党が野田総理時代に決めたことじゃないか。財源としてどうしても必要だと思うなら、「将来の福祉を確保するためにどうしても消費税増税は必要だ!」と一貫して言い続ければいいのに、ぶれまくり。とても政権なんか任せられないし、どうせ参院選終わったら、また分裂したりするんだろうと思うと今回は民進党に入れたい気がしない。(そういえば「民進党」って、選挙互助会政党でしかなかった「新進党」と名前が似ている。だからこんなに嫌な感じがするのか。)

もし「護憲」という観点のみで言うなら、「共産+社民」とかになるのかなあ。存続危機にある社民党に比例で一票くらい入れて、福島みずほの政治生命の延命に、助力してやろうか。もし社民党が政党要件を失ったとしても、「みずほ」自身はブレないと思う。それが僕の一票の使い道としては一番有効かも。

ちなみに山本太郎とつるんでいる三宅洋平とかは絶対あり得ない。反原発掲げて、選挙フェスとかやって、「頭は悪そうだが、熱い奴だな」と思っていたけど、実は彼が「早稲田出身で元リクルート」と知って正直言って萎えた。うーん。なんだ三宅は頭悪くないじゃん。「頭のいい人が、頭の悪いふりをして、頭の悪い人達を煽動している」ってことか。まあ巧みな戦術だこと。「あんたもやるねえ」というのが率直な僕の感想。実は僕自身と彼は属性がだいぶ被るところがあるので、かえってそう思うのかもね。
[PR]
# by ontan | 2016-07-07 08:48 | 主張

平家琵琶

昨年の秋に平家琵琶の貴重音源の一部をyoutubeにアップした。
有名な那須与一の場面。

1972年の貴重録音盤。未CD化。
おそらく今後もCD化されることはないだろうなあ。

名古屋の最後の琵琶法師とされる今井勉検校の師匠筋にあたる、
3人の盲人の方々による貴重録音盤。

今井勉氏の平曲も素晴らしいが、
このLPは3人盲目の方がユニゾンしたり、
パート交代して語ったりするという、
現代では絶対に不可能な編成の平曲。
(盲人の伝承者が3人もいない。)
特に3人によるユニゾンは独特の音像を生み出してものすごい世界。
平家OBの方々が冥界からお出でになってもおかしくない…。

その解説つきの記事が下記だ↓。

君は「平家琵琶」を聴いたことがあるか?
[PR]
# by ontan | 2014-07-04 08:46 | 音楽

義捐金イベントの罪

広く訴えたいので、いろいろな方にトラックバックさせて頂いてます。誰か特定の方を批判する意図はありません。

今回の東日本大震災を受けて募金をした。金額は3万円。

僕が募金をしたところはここ。
「オルタナ基金」

このオルタナ基金では、こういうことをやっている。

>3)被災地へのメッセージを広く告知いたします
>送金と同時に、alterna(a)alterna.co.jp まで 、
>被災地へのメッセージをお送り下さい。
>オルタナは、本誌やYahoo!ニュース、twitterやfacebookなど、
>さまざまなメディアでこれをお伝えいたします。

そこに僕が寄せたメッセージ。

>皆さんの命を、暮らしを、つなぎとめるために役立てて下さい。

これには僕の思いがある。twitterでもこうつぶやいた。

>まずは命、そして暮らし。音楽はその後。

必要以上に日常生活を自粛する必要は無いと思う。
だが、例えば、停電の可能性がいまだにある中で、
ロックやポップス系の音楽を奏でることは否応無しに電気を消費する。

今の日本の中で「限られた資源」となってしまった電気を、
どこに配分するべきかと考えた時に、
できる限り被災者の方々の「命と暮らし」
を守るために振り分けるべきだと思う。

だから僕は、「今ライブやイベントをやるな」とまでは言わないが、
それをやることで誰かの命を奪っている可能性があるという
覚悟をもってやって欲しいと思う。

それでも必要ならやれ!

「メシ食うな」とは言わんよ。でも、ご飯を食べる時に、
「(命を)頂きます」と言ってご飯を食べるのと近い。

で、きっとこれから、
「義捐金を募るために音楽の力を!」とか言って。
「義捐金イベント」をやろう!
というような声があちこちであがって来るはずだ。

だけど、僕はこう思う。

まず、普段のライブハウスのノルマをこなせない程度の集客力しかない人達は、
「義捐金イベント」とか言ったところで、どうせ客5人くらいしか集められずに、
身内ノリで終わるに決まってるんだから、
バイト代寄付して、普通のライブをやれ。
その上で被災者の皆さんに対して心をこめて演奏しろ。それでいい。

だからtwitterでもこうつぶやいた。

>売れてないミュージシャンの皆!
> ライブハウスのチケットノルマ代に何万払うなら、
>1回ライブ減らしてその分を寄付しないか?
>「ライブやったつもり基金」。

なぜ、僕が3万円寄付したか。
以前に出てたフォーバレーのチケットノルマが3万だったからだ。
フォーバレーで1回ライブやったつもり募金だ。

安易な「義捐金ライブ」やるくらいならその方がいい。

まあ、それでも、「義捐金ライブ」やりたい人は、
確定申告における「寄付控除」の仕組みくらいは学んでからやって欲しい。


「義援金は、確定申告で寄付金控除しよう!」
>小額だから、郵便局で振り込む手間が面倒だからなど、
>さまざまな理由で市役所や街頭の募金箱に義援金を入れる、
>よくあることです。しかし義援金を寄付金控除扱いにするためには、
>次のルールに従わなければいけません。

例えばこういうことだ。

仮に僕が認定NPO法人や、赤十字などの「しかるべき機関」に寄付したとすると、
「寄付控除」が受けられるんだよね。
(大雑把に言うと、税金が安くなるということ。)

でも「某ミュージシャン」の義捐金イベントの募金箱に入れると、
その分の控除は無い。(税金の値引きが受けられない!)

で、その「某ミュージシャン」が、
その募金箱に溜まったお金を認定NPO法人や、
赤十字などのしかるべき機関に寄付したとすると、
僕が受けるはずであった分の「控除額」が消えるだけの結果となる。
(誰も得しない。)
これは僕だけでなく他の寄付した人の分も同様。

さらにもし、(やらないと思うけど、)
その「某ミュージシャン」が「自分のお金」として寄付分を確定申告すると、
なんと、人からかき集めたお金で自分が税控除を受けられる
ということにすらなる。(某ミュージシャンが得をする。)

「某ミュージシャン」を介する意味ってどこにあるの?
各自が寄付した方がいいんじゃないの?

それでも、もし、その「某ミュージシャン」に
義捐金を託すメリットが何かあるとするなら、
「某ミュージシャン」は
「国の認定からは外れてはいるけど、金を必要としている(良心的な)人や団体」
を見つけ出して、寄付を送り届けられる人である必要がある。

果たしてこの基準を満たすミュージシャンってどれだけいるのだろうか??

ちなみに「オルタナ」の編集長の森さんはそれを満たしている人だと思う。
人生をかけて、 社会貢献の雑誌「オルタナ」を運営している人。

だから僕は「オルタナ基金」を選んだ。

森さんは国の目の届かないところでも
支援の必要ある部分についての情報を得られる立場の人だし、
その旨オルタナ基金も宣言してる。↓


>1)誰がどこで何を求めているのか、情報のハブになります
>オルタナ本誌、Yahoo!ニュース、オルタナ・オンラインで
>積極的にニュースで取り上げるほか、
>twitterやfacebookなどを駆使して、オルタナは情報のハブになります。

>2)「オルタナ基金」に、義捐金をご送金下さい
>振込先: 西武信用金庫 原宿支店 普 2094403 カ)オルタナ
>提携団体と連携して被災地の方々に義援金を届けさせて頂きます。
>その内容は、逐次ご報告させて頂きます。

「義捐金イベントやるな!」とまでは言わない。


もしやるなら、
僕の論を越えるだけの
質と覚悟を持ってやってくれ!

そういうことだ。
[PR]
# by ontan | 2011-03-14 00:39 | 音楽

マニフェスト絶対主義は不毛

Excite エキサイト : 政治ニュース

外国人参政権、子ども手当、沖縄基地問題、八ッ場ダム、高速道路無料化など、民主党マニフェストに関して、様々な論議があり、国会でも話題となっているようだ。

2009年夏の衆議院選挙で、民主党を始めとして各党がマニフェストを掲げて闘った。そして、皆、知ってるように民主党の大圧勝という結果に至った。民主党に投票した者の中には、ろくに民主党のマニフェストの中身を知らずに、「とりあえず政権交代」と考えて一票を投じた者もいるだろう。確かに、それは、喜ばしくないことではある。

しかし、たとえ民主党のマニフェストを読みながらも、「一部の政策には賛同、一部の政策には反対」という気持ちを抱きつつ、民主党に票を投じたものも少なくないのではないか。投票用紙が「政策ごとのマークシート方式」にでもなっていれば、各政策についてyes、noを表現できると思うが、残念ながら我々有権者にできることは、「候補者名、もしくは政党名を書く」という行為だけだ。強制的にいくつかのセットメニューから選ばねばならない状況なのだ。

こういった仕組みになっている以上「マニフェストにあることをすべて実行する=有権者の意見を尊重する」ということには、必ずしもならない。それよりも、政治家に求められているのは、現行の政治状況に臨機応変に対応し、そして、過去、未来を長期的に見据えながら、国民の生活を守ることではないのか。

「マニフェスト」で約束した政策が実行できなかった場合、次の選挙で有権者が「ノー」を突きつけ、その政党に投票をしない。我々にはこういう権利がある。マニフェスト違反に対して、腹立たしい気持ちでいる有権者は、次回の選挙での投票行動を通じて、民主党に鉄槌を食らわせるべきだ。

だが、一方で「マニフェストに書いたからと言ってなんでもやりゃあいいってもんじゃねえだろ!」という怒りを抱いた有権者にも、同じく次回の選挙での投票行動を通じて、政権政党に鉄槌を食らわすことはできる。

要するに、僕の言いたいことは、「マニフェスト絶対主義」は成立しないよ、ということだ。

そもそも「マニフェスト」なるものに法的拘束力など無い。だから、国会では、「マニフェスト違反云々」よりも、もっと前向きの議論をやってもらいたい。半年前に書かれた紙切れも大事だが、手持ちの株券が紙切れにならないように(最近は電子化されてるけど)、いや、人間の命が紙切れのように扱われないように、もっと経済政策についての議論などを活発に行なってもらいたい。
[PR]
# by ontan | 2010-02-11 01:15

マスクの予防効果に疑問

Excite エキサイト : 社会ニュース

最近、インフルエンザ流行に対応して、マスク着用が義務づけというか、「して当然のもの」になってきている。

でも、マスクの予防効果については僕は大いに疑問を持っている。(人に染さないという意味ではそれなりに認めるが。)多少の防止効果はあるのかもしれないが、着用に伴うマイナスの方が多いのでは? それは僕の去年の体験に起因する。

普段から僕は週2の水泳と週5の筋トレで、身体を鍛えている。身体の代謝もよくなった気がするし、タニタの体重計でも身体年齢は17、18歳と表示されている。(家庭用なので目安程度だろうが。)

運動始めてから至って健康だった。でも、世間の風潮に従って、去年の冬、一時、マスクを着用し始めてみた。そして、その数日後、見事に体調を崩した。そう、インフルエンザに感染していたのだ。

マスク着用がかえって逆効果だったと今でも僕は信じている。自分の「身体の実感」として。(ちなみにTBSラジオ「アクセス」で、「えのきどいちろう」も、突然自らもマスク着用してる旨を述べ、マスク推奨派となったことを宣言したまさに、次の次の週にインフルエンザに感染して番組を休んだ。)

1、マスクによって呼吸が乱される。

何ものにも妨げられずに「吸って吐いて」をするのが、人間にとって自然のはず。適切に「吐く」からこそ、悪い気も身体から出ていくのだ。変な布切れで妨げるから、かえって悪い気がたまるんだ。

2、外気に触れないことで免疫が弱まる。

夏は暑い空気を、冬は冷たい空気を浴びるのが自然。こんな夏からマスクなんかしてたら顔がむれる。皮膚にもよくないだろ?

そんなわけで、もう二度とマスクなんかしないことにした。新型インフルにかかったら潔く、神から休暇をもらったと思って家に籠もって寝るよ。

でも、実は、僕が一番イヤなのは強制圧力というのか、日本人特有の「みんなやってるから」っていう雰囲気だ。

ご親切に僕にマスクを分けてくれようとする人。迷惑です。やめてください!
[PR]
# by ontan | 2009-08-28 09:57 | 食生活・健康

更新

デモテープ募集してます。
[PR]
# by ontan | 2007-07-11 11:27 | プロデューサー

実験

ライブやイベント情報のBBSを作成した。(こういうのって多くあるけど、意外と「無料」に絞ったものってあんまりないなーと思って作ってみた。)


ま、いろいろと実験してみるか。

[PR]
# by ontan | 2006-11-22 04:16 | 音楽