シンガーソングライター&プロデューサーによるblog


by ontan

需要の作り方

男の色気アップ!? 飲食店用「ガテンタオル」


もはや「必要だから」という理由でモノを買う時代ではない。タオルなんか何かの景品でもらったり、100円ショップで買えるものであって、別にありがたくもなんともない。


「ホワイトバンド」なんかももしかしてそうなのかもしれないけど、たかが布切れ、ゴムの輪っかを売るには、「差異化」が必要となってくる。そこに人を燃えさせる何かがなければ、この時代そう簡単にモノは売れない。


より格好いいストーリー、グッとくる何か。人はそうしたものを欲している。このタオルを考えた(というか思いついた)人は解ってるなあ。特に誰を傷つけるわけでもなく、むしろ、たこやき屋のおっさん達の格好良さのポイントをうまいこと提示してくれて、センスいいなと思うよ。(「日常の中にある歌を見つける」っていう某シンガーソングライターさんにも通じるかな?)


そんなことを考えていると、「より格好いいストーリー、グッとくる何か」ってことに敏感な小泉が選挙であれだけ、圧勝したのも納得だ。(こちらの方については誰かを傷つける可能性があることなのだが。)

[PR]
by ontan | 2005-10-28 10:56 | 主張