シンガーソングライター&プロデューサーによるblog


by ontan

パソコンが家の機能そのものになりつつある時代に

僕自身も以前は「何でもこれ1台で出来る!」なんて言われると便利なような気になっていたが、何度かパソコンの故障などのトラブルに遭遇し、逆にその不便さを感じるようになった。復数台に分散させたり、時にはアナログなものにも頼っておくのも大事だろう。


銀行からのCD-ROMと偽って、プログラムをインストールさせて、インターネット・バンキング経由で勝手に送金させる事件が起こっている。


<千葉銀行>CD—ROMで勝手に数百万円が送金される

<偽CD−ROM>北陸銀行名でも送付


インターネットやパソコンへの依存度が高まっている今の時代には、家宅侵入以上に恐い事件だ。「何でもパソコンで」ということは便利なのだが、逆にそこを狙われたら容易に全財産(お金も情報も人脈をも)を失いかねない。今僕は「家宅侵入」という言葉を使ったが、まさにパソコンは家の機能そのものとなりつつあるのかもしれない。


そう思ってみるとウィルスの巣ともなりそうな、ソニーの「コピー制限機能付き音楽CD」というのは、かなり厄介な代物だ。


ソニーの音楽CD、ウイルスに悪用される恐れ


これって音楽を口実に家の中に勝手に入ってきて病原体を置いてくるようなものだよね。かなりデリカシーのないものだと思う。銀行を偽ったCD-ROMの事件など起こっている今、もうこんな怪しいCDを自分のパソコンに入れるくらいなら、「iTunes Music Store」などで買った方がいいと思うユーザーが増えていくだろう。僕も自らのサイトで自分の曲を配信しているが、明らかに音楽の流通の仕方が変わりつつある時代なんだと思う。この時代に今回のこのような怪しいCDまで出して古い形に固執するような行為をする企業は、少なくともお客の方を向いている企業ではないんだなと思った。

[PR]
by ontan | 2005-11-03 09:42 | 主張