シンガーソングライター&プロデューサーによるblog


by ontan

哲学者みたいに

彼は現代の若者を象徴する あらゆる状況を背負いこんで
ちょっとおかしな言葉を 彼自身のみの共通語にしてた

現実を自分でこしらえて それに文句をつけて
世界を何でも知っているように 哲学者みたいにしゃべり続ける

欲しい物がまだ見つからないから 安物のCDを買い漁り
欲しい物がまだ見つからないから 読まない本を溜め込んで

その腕に自分を支える力もなく 背骨はとうに抜け落ちてしまって
ただ壁にもたれて たった3つだけの世界を見てた

それは少しだけ自由に似ていた それは少しだけ自由に似ていた

いつもいつも同じように 日曜日の午後 心をしめつける
あの感覚を押し込めようと 彼はテレビのスイッチを入れる

テレビはつまらないゴルフばかり 彼はビデオのスイッチを入れる
セリフまで覚えてしまったいつものソフトを 感動の予定までたてて眺めはじめる

彼はまだスイッチを切れない ひとりぼっちに気付きたくないから
彼はいつまでも大人になれない ひとりぼっちに気付きたく無いから

その腕に自分を支える力もなく 背骨はとうに抜け落ちてしまって
ただ壁にもたれて たった3つだけの世界を見てた

それは少しだけ自由に似ていた それは少しだけ自由に似ていた
それは少しだけ自由に似ていた それは少しだけ自由に似ていた
[PR]
by ontan | 2005-07-18 14:11 | ことばのかけら