シンガーソングライター&プロデューサーによるblog


by ontan

ザマアミロ!

ニュース特集 : ライブドア 堀江貴文氏逮捕


こんなことに慣れてしまうのは良く無いかもしれないが、手の平を返したようなマスコミの堀江批判はお馴染みの展開だと思う。


かつてオウムの麻原だってテレビに出てタレントまがいの活動を行なっていたし、野村サッチーだって人間性にかなり問題性のある発言をしながらも人気者だった。それが、あっという間に凋落してゆく。あまりに見慣れたことだ。


ホリエモンは時代に呼ばれた存在であったと思う。僕は彼と同世代だから、彼がああいう方向に行くのはものすごくわかる。生まれた時にはもうテレビがあって、高度成長は終わっていて、少年時代を軽薄短小な80年代に過ごし、幼い頃から偏差値という数字で切られ、小学校高学年でコンピューターに出会い、高校生の頃に冷戦が終わりアメリカ型資本主義が世界を席巻し、受験生人口の最も多い時代に大学受験で勝ち残り、社会に出ようとする前にバブルが終わり、山一証券が倒産し、これからはインターネットの時代と叫ばれた世代。熱くなるなんて損じゃない? 冷めた心を持ちながらただ「行動と結果」で周りをねじ伏せる。手段は選ばない。


悲しいことに、僕らの世代の中で「勝つ」タイプって、ああいう人だったよね。えっ、彼の「道徳」が欠けていることを批判するの? 今さらですか? この国で行なわれている道徳的批判って建て前だよね。リクルート事件を中学生の頃テレビで見たけど、政治家は普通に生き残っているじゃないか。僕らは「いじめ」世代だ。みんな友達がいじめられても何にも言わなかったよ。学校に収容されている間に道徳なんてどこかへ消えた。どこかのオヤジの作った既存のルールになんて飽きているんだ。頭のいい奴は自分でルールをプログラミングした人が勝つことを知ってしまっている。それを諦めて「名無しのその他大勢」になった方が「楽」だけどね。


本当のところ、彼のやったことをいいとか、悪いとか言えるほど、僕らの道徳的な能力は発達してない気がする。ホリエモンが捕まって、僕はなぜか無性に「ザマアミロ!」と言いたくなった。堀江に? マスコミに? 国民に? 自民党に? 自分に? よくわからない。


それ見たことか! と僕は33年分込めてつぶやく。堀江君、面白かったよ。せめて殺人には関わってないことを祈るよ。(でも僕はもうちょっと真面目にやるぞ。)


*追記:「面白い」という反応を示しているのは、僕だけでは無いようだ。
津川雅彦「ホリエモンの散り方は面白い」

[PR]
by ontan | 2006-01-30 23:58 | 主張