シンガーソングライター&プロデューサーによるblog


by ontan

過保護だ!

W杯終了まで試験を延期


試験に遅れそうとなれば電車を停め、受験番号を記載していなければこっそり救済するという甘やかされきった日本の学生達だが、遂にこんな日が来てしまった。



>ワールドカップの決勝戦が終了するまで、試験が延期されることになった。何百人もの学生が副学長の部屋を包囲して延期を要求していた。



「無理が通れば道理が引っ込む」とはまさにこのことである。社会ではそんな甘えは決して通用しない! いつから日本はこんな国になってしまったのだろう。我々の若い頃にはサッカーは無かったので、こんなことは起こらなかったが、今はこれが普通なんですかね?


文科省はこういった勘違いした輩を放置していてはならない。そもそも「世の中は甘くない」「何一つ自分の思い通りになることはないのだ」「情は悪だ」と教えるのが学校教育の役割である。決められたルールを守るのは当たり前のことで、例えばどんなプロレスラーでも反則は5秒以内までなのだ。まさに自己責任の時代。


今回のこの問題は賛否両論で、またもやbloggerの中で激しい議論となりそうな問題である。ここはひとつ小泉さんにお願いしたいのだが、決して情に流されず、サッカー大会なんぞにうつつを抜かし、自分の仕事や勉強を疎かにしている者達に正義のパンチをぶちかまして欲しい。


「情けは人のためならず」とはまさにこういうことを言うのだろう。辞書で調べてみて欲しい。

[PR]
by ontan | 2006-06-01 09:13 | ジョーク