シンガーソングライター&プロデューサーによるblog


by ontan

アングルを予想する

<フジテレビ>人気格闘技「PRIDE」放送中止


こういったシナリオで来たのか!!次の展開が楽しみだ。


僕の予想ではこうだ。フジテレビのゴールデンタイムの番組(「笑っていいとも」でもOK)のオープニングで突然「威風堂々」が鳴り響き高田総統が登場。DSEの関連選手(PRIDE出場の格闘家や小川、インリン、HGも)もDSEと書かれたバスに乗ってオールメンバーが入場。そこで高田がマイクを握って「日枝君、出て来たまえ!」と、今回の「PRIDE」放送中止に異を唱える。日枝氏は最初はトップ会談を「時期尚早」として却下するも、世論の強い後押しによってスタジオへ登場させられる。


和泉元禰の空中元禰チョップで瀕死の所まで追い詰められていた日枝氏を救ったのが、ホワイトナイト・北尾光司!! 北尾は高田にむかって「この八百長野郎!」とマイクアピール。かくて高田が勝てば、PRIDEはフジで放送継続との条件の下、UWFインター以来の「高田総統vsホワイトナイト北尾」が実現となる。


ところがチケットが売り出されるも、なぜか1080人分のチケットが入手できない。実は事前にこのブックを知っていた村上世彰が時間外取り引きで買い占めており、この容疑を認めた村上氏はその場で格闘家と転身し、「タイガー・S・ムラカミ」のリングネームで虎の仮面を被ってイベントの企業価値を高めるために「魔ヒルズ倶楽部」なる軍団を結成。第3勢力として両陣営をかき回し、PRIDEとフジの統合を迫る。


…と、僕なりの勝手なシナリオを描いてみたのだが、正直言って、天下のフジテレビがこの程度の貧弱なブックで終わることはないだろう。僕の予想を超えた展開がきっと起こる! ホリエモン乱入とか、USEN軍団の登場とか、シナリオ次第ではそこまでやれるはずなのだ。うーん、期待が高まる。


嗚呼。でもさ…。僕はもう大人になってしまったな。もう初代タイガーマスクの四次元殺法に心踊らせるだけの少年じゃないんだ。こういった記事を見てもすぐに「裏」のアングルを考えてしまう。実は本当のところを告白すると、この因縁を巡ってどんな試合がこれから組まれるのかは僕は全然知らないんだ。だけど、どんなにアングルだとかシナリオだとかヤオとか言われても、僕はプロレスが好きなんだ。それは変わらない。たとえどんな試合が組まれても、



いつまでもゴングが鳴った瞬間には少年の時のようにドキドキしてみせるよ!


[PR]
by ontan | 2006-06-06 01:35 | 主張