シンガーソングライター&プロデューサーによるblog


by ontan

おー、うらやましい!

70時間の補習条件に救済 未履修問題で政府



>全国400以上の高校で世界史など必修科目を履修していなかった問題で、政府は30日、卒業が危ぶまれている3年生について法的問題を集中的に検討。ほかの生徒との不公平を極力生じさせない方法として、公立、私立を問わず、履修時間が不足しているすべての生徒について、3月末までに70時間(2単位)分の補習実施を条件に卒業を認めることで救済を図る方針を固めた。



おー、うらやましい!



僕が受験生だった時に選択した受験科目は「日本史」だった。「世界史」も一応、高校の時に学んだが、その時習った先生がひどかった。ただ教科書を読み上げて、太字になっているところを黒板に写すだけ。本当にやる気のかけらもない先生だった。当然、「世界史」の面白さに気づかされることもなかった。



で、今僕は独学で「世界史」を学んでいる。ブックオフ等で旧版の「学習漫画・世界の歴史」(集英社)と、同じく旧版「世界の歴史」(中公文庫)が1冊\100程度で入手できたので、全巻揃えて、日々読み進め、また、スカパー!で「ヒストリーチャンネル」や、「代ゼミTVネット」などを録画し、それをポータブルDVDプレイヤーやiPodに入れて通勤電車の中で見たり、聞いたりしている。その中で興味を惹かれた人物や思想があれば、岩波文庫などで直接、読んで理解を深めるようにしている。



以上が僕の「世界史独学法」なのだが、学校を卒業してからの自力での勉強は、楽しくもやりにくくもある。いい先生が集中講座みたいのをやってくれるなら僕も受けたいな。



受験がある程度一段落したこの時期に「受験のためでなく純粋に世界史を学ぶ」という状況は、実は幸せなことではないか。学校の先生よ。意地を見せてみろ! 受験という制約のない時期に集中して世界史が講議できるなんて絶好の機会じゃないか。生徒達が一生忘れられないくらいの知的感動を与えてやってくれよ。「俺、世界史で受験しておけば良かった」「もっと世界史について知りたいから先生のおすすめの本を教えて下さい」とか生徒から声が出るような授業をしてやって下さい。



とはいえ実際は「プリントを適当にやらせるだけ」「教科書読み上げるだけ」の授業しかできない先生も多いんだろうな。この際だから文部省で特別チームを作って「地域合同世界史補習セミナー」でもやってはどうか。大学の先生や、作家さん評論家さん、予備校や塾の先生などからも能力の高い人を集めて、地域の公民館とか博物館とかで「本当に面白い世界史の授業」を世界史を履修できなかった高校生を一同に介して行なうのだ。そして、ついでに過去に世界史を履修できないまま卒業した人や、僕のようにロクデモナイ授業しか受けられなかった人、さらに地元の御老人なども無料、もしくは格安で参加できるようにして、地域振興にも役立てていけばよい。



無理矢理に数字を摺り合わせるだけなら皆にとって辛いものにしかならない。これをむしろチャンスと考えて、より皆のためになる方向で、この問題に取り組むことができればそれが一番いいはずだ。

[PR]
by ontan | 2006-10-31 11:08 | 知的生活