シンガーソングライター&プロデューサーによるblog


by ontan

選挙本

さて選挙が近いが、選挙を変な角度から描いた本を3冊。

“選挙だワッショイ!マニアが教える「選挙」の全て”(basilico)岩中祥史

中学生の頃から授業中もラジオで結果速報を聞いていたという選挙マニア(!)である筆者による選挙についての様々な雑学本。そういえば学校で習ったことや、絶対に学校では習えないような選挙の裏側まで語る。

“選挙参謀 三ヶ月で代議士になれる!”(太田出版)前田和男

実際に民主党から立候補した候補者の選挙スタッフとして尽力した筆者による選挙活動の奮闘記&ドキュメント。団塊の世代のオッサン達が熱い! 立候補決意から党の公認、実際の選挙活動、そして選挙終了までの三ヶ月を描く。選挙にまつわる裏事情まで含めた、結構生々しい部分にまで記述が及んでいる。日本の選挙の実情がいろいろな意味でよくわかる。いろいろな人達の人間模様がよく見える。これって映画にしてもいいんじゃない?(伊丹十三みたいになりそうだけど。)

“代議士のつくられ方 小選挙区の選挙戦略”(文春新書)朴吉吉熙

こちらは自民党の新人候補の当選に到るまでの選挙戦略、選挙活動を分析している。小選挙区制導入間も無い頃の本なのでやや古くなってしまったが、ここで提示されている問題は今でも変わっていないものが多い。
[PR]
by ontan | 2005-09-10 01:31 | 知的生活