シンガーソングライター&プロデューサーによるblog


by ontan

カテゴリ:食生活・健康( 2 )

マスクの予防効果に疑問

Excite エキサイト : 社会ニュース

最近、インフルエンザ流行に対応して、マスク着用が義務づけというか、「して当然のもの」になってきている。

でも、マスクの予防効果については僕は大いに疑問を持っている。(人に染さないという意味ではそれなりに認めるが。)多少の防止効果はあるのかもしれないが、着用に伴うマイナスの方が多いのでは? それは僕の去年の体験に起因する。

普段から僕は週2の水泳と週5の筋トレで、身体を鍛えている。身体の代謝もよくなった気がするし、タニタの体重計でも身体年齢は17、18歳と表示されている。(家庭用なので目安程度だろうが。)

運動始めてから至って健康だった。でも、世間の風潮に従って、去年の冬、一時、マスクを着用し始めてみた。そして、その数日後、見事に体調を崩した。そう、インフルエンザに感染していたのだ。

マスク着用がかえって逆効果だったと今でも僕は信じている。自分の「身体の実感」として。(ちなみにTBSラジオ「アクセス」で、「えのきどいちろう」も、突然自らもマスク着用してる旨を述べ、マスク推奨派となったことを宣言したまさに、次の次の週にインフルエンザに感染して番組を休んだ。)

1、マスクによって呼吸が乱される。

何ものにも妨げられずに「吸って吐いて」をするのが、人間にとって自然のはず。適切に「吐く」からこそ、悪い気も身体から出ていくのだ。変な布切れで妨げるから、かえって悪い気がたまるんだ。

2、外気に触れないことで免疫が弱まる。

夏は暑い空気を、冬は冷たい空気を浴びるのが自然。こんな夏からマスクなんかしてたら顔がむれる。皮膚にもよくないだろ?

そんなわけで、もう二度とマスクなんかしないことにした。新型インフルにかかったら潔く、神から休暇をもらったと思って家に籠もって寝るよ。

でも、実は、僕が一番イヤなのは強制圧力というのか、日本人特有の「みんなやってるから」っていう雰囲気だ。

ご親切に僕にマスクを分けてくれようとする人。迷惑です。やめてください!
[PR]
by ontan | 2009-08-28 09:57 | 食生活・健康
[米国産牛肉]2年ぶりに提供再開

<米国産牛肉>提供再開 関西の焼き肉チェーン店

米産牛、焼き肉店で復活 外食チェーンが関西で再開


というわけで、米国産牛肉の輸入再開のようだ。働く成人男子たるもの、外食はせざるを得ないだろう。否応無しに米国産を食べさせられてしまいそうで、なんか抵抗感がある。


たとえば、友人や仕事関係の人間がステーキやら焼肉を「おごってくれる」というケースになった時に、「僕は米国産の牛肉は食べたくないんですよね」などと断る勇気が君にはあるかい!?


「嫌なら食べなきゃいいじゃん」と言うのは簡単だ。でも、上司からの一杯の酒も断れない文化の中に生きる我々に、本当に一杯の牛丼を拒むことが果たしてできるのだろうか。


また、日本のあちこちには、「会社の周りには一軒しか食べる店がない」とか「昼食は社員食堂や特定の仕出し弁当のメニューを食べることを義務づけられている」とかいう所だってある。いや、因習とか文化などというレベルでなくとも、もし単純に給料日前の苦しい時に「財布に300円しかない」なんて状況で「牛丼250円、豚丼400円」となっていたら、君はどちらを選ぶ?


店に並んだ時点で、もう食わざるを得ない状況の人間もこの国にはたくさんいるのだ。


多分、結局のところ日本人の多くは米国産牛肉を口にすることになると思うよ。ま、食の危険は牛肉だけの話ではないので、気にしたらキリがないんだけど。


あれこれ語っているうちに牛丼屋もいよいよ…。
<牛肉輸入再開>不安? 吉野家「復活」 すき家「現状で」

[PR]
by ontan | 2005-12-19 23:46 | 食生活・健康