シンガーソングライター&プロデューサーによるblog


by ontan

遺書の問診票化が必要?


「ありがとう」と遺書 尼崎の中3転落死



担任教諭にしかられたのがきっかけということを聞いて、藤村操のことなどを思い出した。



>兵庫県尼崎市立中の3年の男子生徒(14)が1日にマンションから転落死した問題で、男子生徒が遺書とみられるメモを残していたことが2日、分かった。
 メモには「学校のみんな、おれと仲良くしてくれてありがとう。これからもみんな仲良くしろよ」などと書いてあったという。
 また市教委の徳田耕造学校教育課長は記者会見で、前日に担任教諭らが生徒に指導したのは交友関係をめぐることで、いじめなどではなかったと明らかにし、「自殺の動機の一つとなった可能性がある」と話した。


「ありがとう」という言葉から、円谷幸吉の遺書のことも思い出してしまった。



これまでいろいろな人がいろいろな遺書を遺し、亡くなっていった。否応無しに最期の言葉は人の心を打つものだ。しかし、今の時代もし遺書を遺すのであれあば、文学的、人間的に情動を揺り動かすかどうかは重大なことではないように思える。


なぜなら「曖昧な表現」で書かれていれば、「いじめはあったかもしれないが自殺の原因とはいえない」云々、この世に残った人々に好き勝手な解釈をされかねないのだ。


今回の少年の自殺の原因はもちろん僕には分からないが、今の時代万が一自殺をするのであれば、解釈の余地のない注射の問診票のような遺書を書かねばいけないのかもしれない。



【遺書テンプレート】
1、自殺の原因はいじめですか?(yes,no)
2、学校に責任はあると思いますか?(yes,no)
3、糾弾したい人物の名を実名で挙げて下さい。(   )
4、該当すると思われる罪名に○をして下さい(暴行、恐喝、脅迫…)
5、それを立証することのできる証拠となる文書などあれば余白に張り付けて下さい。
       :
     (以下略)


文学的表現などは解釈に多様性が生まれるため一切使わずに書く。こうでもしないと浮かばれない時代になりつつある。



こんな問診票みたいな遺書が人間らしいとは到底思えない。もちろんここまで書けるくらいなら死ぬより前に弁護士呼んで訴えた方が早いはずだ。

[PR]
# by ontan | 2006-11-02 14:54 | 主張

おー、うらやましい!

70時間の補習条件に救済 未履修問題で政府



>全国400以上の高校で世界史など必修科目を履修していなかった問題で、政府は30日、卒業が危ぶまれている3年生について法的問題を集中的に検討。ほかの生徒との不公平を極力生じさせない方法として、公立、私立を問わず、履修時間が不足しているすべての生徒について、3月末までに70時間(2単位)分の補習実施を条件に卒業を認めることで救済を図る方針を固めた。



おー、うらやましい!



僕が受験生だった時に選択した受験科目は「日本史」だった。「世界史」も一応、高校の時に学んだが、その時習った先生がひどかった。ただ教科書を読み上げて、太字になっているところを黒板に写すだけ。本当にやる気のかけらもない先生だった。当然、「世界史」の面白さに気づかされることもなかった。



で、今僕は独学で「世界史」を学んでいる。ブックオフ等で旧版の「学習漫画・世界の歴史」(集英社)と、同じく旧版「世界の歴史」(中公文庫)が1冊\100程度で入手できたので、全巻揃えて、日々読み進め、また、スカパー!で「ヒストリーチャンネル」や、「代ゼミTVネット」などを録画し、それをポータブルDVDプレイヤーやiPodに入れて通勤電車の中で見たり、聞いたりしている。その中で興味を惹かれた人物や思想があれば、岩波文庫などで直接、読んで理解を深めるようにしている。



以上が僕の「世界史独学法」なのだが、学校を卒業してからの自力での勉強は、楽しくもやりにくくもある。いい先生が集中講座みたいのをやってくれるなら僕も受けたいな。



受験がある程度一段落したこの時期に「受験のためでなく純粋に世界史を学ぶ」という状況は、実は幸せなことではないか。学校の先生よ。意地を見せてみろ! 受験という制約のない時期に集中して世界史が講議できるなんて絶好の機会じゃないか。生徒達が一生忘れられないくらいの知的感動を与えてやってくれよ。「俺、世界史で受験しておけば良かった」「もっと世界史について知りたいから先生のおすすめの本を教えて下さい」とか生徒から声が出るような授業をしてやって下さい。



とはいえ実際は「プリントを適当にやらせるだけ」「教科書読み上げるだけ」の授業しかできない先生も多いんだろうな。この際だから文部省で特別チームを作って「地域合同世界史補習セミナー」でもやってはどうか。大学の先生や、作家さん評論家さん、予備校や塾の先生などからも能力の高い人を集めて、地域の公民館とか博物館とかで「本当に面白い世界史の授業」を世界史を履修できなかった高校生を一同に介して行なうのだ。そして、ついでに過去に世界史を履修できないまま卒業した人や、僕のようにロクデモナイ授業しか受けられなかった人、さらに地元の御老人なども無料、もしくは格安で参加できるようにして、地域振興にも役立てていけばよい。



無理矢理に数字を摺り合わせるだけなら皆にとって辛いものにしかならない。これをむしろチャンスと考えて、より皆のためになる方向で、この問題に取り組むことができればそれが一番いいはずだ。

[PR]
# by ontan | 2006-10-31 11:08 | 知的生活

言葉遊びに興ずる人達

<岐阜中2自殺>学校側の説明二転三転 原因には触れず



>岐阜県瑞浪市の市立中学2年の少女(14)が今月23日、いじめをほのめかす遺書を残して自殺した問題で、いじめの有無を巡る学校側の説明が二転三転している。同校は少女の家族に対していじめを認めていたが、その後、会見などで「原因は分からない」「広い意味でのいじめはあった」と言い直しを繰り返し、30日には再び「自殺に結びつくいじめの事実はない」と話した。



でも、自殺をした人がいるという事実は客観的事実として存在するわけだ。最近、このような報道は、「いじめの有無」という点に論点がもっていかれてしまうけれど、もう少しシンプルに考えていいのではないか?



「なぜ自殺したのか?その原因は何か」という形で考えていけばいい。そこに「いじめ」という名をつけるかどうかにとらわれ過ぎるべきでない。



「からかい」ではダメか? 「いさかい」ではダメか? 「トラブル」ではダメか? 「いじめ」という名を冠されなければ、OKですか? 言葉を生業としているマスコミの方々の発想は、言葉の粋を出ないのか?



子供達の死をきっかけに言葉遊びに興ずる人達に僕は違和感を感じる。

[PR]
# by ontan | 2006-10-30 14:01 | 主張

昔図書館、今電車

<図書館>小学生は本が大好き…貸し出し過去最高 04年度


僕も学校の図書館は頻繁に利用したものだ。本を読むことは楽しい。でも最近は図書館派でなく、蔵書派。おかげで部屋が狭くなって仕方ないや。蔵書派である理由は、「返しに行くのが面倒」「思い立ったらその時すぐ読みたい」というところか。でも小学生は自分のお小遣いではそんなにたくさんの本を買えないだろうし、忙しいこともないだろうから大いに図書館を使うといいさ。


最近は「青空文庫」なんかもあるし、今の時代に子供をやってみたかったと思うことがある。多分ひきこもりになったであろう自信はある!


やっぱり読書の醍醐味は直接対話できないような偉人の方々の言葉や思想に直接触れることができることかな。最近の僕のマイブームは「夏目漱石」。「明暗」まで読み終わってから続きが気になって「続明暗」にとりかかったところだ。(漱石じゃないけど。)


これからシーズンがら通勤時間が増えそうなので、読書量も増えそうだ。そうだ、大人の僕には電車が書斎なのだ!

[PR]
# by ontan | 2006-07-22 01:19 | 知的生活
市長が住民税、水道料滞納 兵庫・宝塚、就任前に


議員やら首長の過去の「**未納」ということがニュースになったり、非難の対象となるようになったのは「未納3兄弟」云々の頃からだろうと思うが、この風潮そろそろ止めませんか?


こんなのニュースに値しないでしょ? それとも過去に年金を払えない時期があった人間ってのは議員や首長になる資格が無いのかな? この阪上さんて人がどういう理由で払えなかったのか本当のところは僕には解らないが、僕自身も貧困の中で「払うべきもの」を払うに払えない時期があった。悔しかったし、情けなかった。でもその中で人の痛みも知った。社会の矛盾も知った。悔しさをバネに頑張って未納分も全て遡って払った。例えば、そういう過程を経た後に政治家を志すようになった人間がいたっていいと思う。世の2世3世議員さん達は食うや食わずの生活に御縁がない人生を送るのが普通なのかもしれないが、下流の人間は政治家を志しちゃいかんの? それっていつの時代のこと? 日本は普通選挙の国じゃなかったのか?


今、僕の目の前に今年の住民税の納税通知書がある。噂には聞いていたが、やっぱり増えてるなあ。もちろん払えない金額ではない。でもそれは五体満足で仕事もあってそれなりの収入もあるから。ある日突然仕事も金も吹き飛んでしまってもおかしくないこの時代。もし僕が収入の道を断たれてしまって、これを払わないと世間的には未来永劫に渡って「被選挙権」を失ってしまうのか…。いや、もう過去の未納期間の履歴のせいで既にないのか。


この市長は「水道料金」未納まで責められてるんだよね。うーん。というか、ここを見ている皆さんも、何らの「支払い忘れ・漏れ・遅れ」なしに天寿を全うする自信あります? あなたの職場が倒産して失業して給料がもらえなくなるケースなどもちゃんと想定してお答え下さい。

[PR]
# by ontan | 2006-06-16 01:49 | 主張

シナリオを妄想してみた

「近く上場」未公開株売る 詐欺容疑、被害7億超か

未公開株詐欺で7人逮捕 被害500人7億超か


こういう会社のシナリオを僕なりに妄想してみた。


これまで「闇金」「士(さむらい)商法」「オレオレ詐欺」などを渡り歩いて来た悪い人達が「今度は株でいこうや」とこのような手法を開発。そして社員を募集し、その中からパクられても大丈夫なやつをとりあえずトップに据える。


次に雑誌などでアルバイトを募集し学生バイトに電話勧誘をさせる。(ただし違法と気づかれぬように証券のことに詳しそうな人間は取らない。)「お得意様リスト」と称した「過去に詐欺被害にあった人のカモリスト」を中心に電話させまくる。ボーナス、時給アップを行ない、短絡的な学生をいい気持ちにさせて「契約」を取らせる。あまりの厚待遇に学生君は「いやぁ〜、おいしいバイトだなあ〜」と大喜び。違法行為に加担していることにも気づかぬまま、次の給料日をあてにして、生活が少しずつ派手になっていく。同じバイトの仲間達と豪遊の日々。


ところがある日その学生君が出勤すると警察が来ていて、社長の手には手錠が…。学生君も事情聴取のために警察へ連れて行かれる。社長以下何人かが逮捕・起訴される。当然あんなに一生懸命働いたのに、もうアルバイト代は出ない。警察に訴えても「君も共犯者なんだよ。起訴にならなかっただけ良かったと思いなさい!」と逆に怒られる。


逮捕された名目上の社長は「本当の事をしゃべったら殺す」と脅かされているため、とりあえず「全て私の指示したことです」と告白する。警察もこれ以上捜査するのが面倒臭いので、「こいつが主犯でいいや」ということにする。


そして、本当の首謀者達は、「もうそろそろ未公開株は止めるか」などと語りながら、また次の手口を考え、闇から闇へと渡り歩く。でも決して捕まらない。


「不易流行」というが手法は変わっても、この手の行為が無くならないのはいつの時代も同じ。それは人間の「欲深さ」が「不易」であるからでもあるのだろう。

[PR]
# by ontan | 2006-06-08 12:40 | ジョーク

アングルを予想する

<フジテレビ>人気格闘技「PRIDE」放送中止


こういったシナリオで来たのか!!次の展開が楽しみだ。


僕の予想ではこうだ。フジテレビのゴールデンタイムの番組(「笑っていいとも」でもOK)のオープニングで突然「威風堂々」が鳴り響き高田総統が登場。DSEの関連選手(PRIDE出場の格闘家や小川、インリン、HGも)もDSEと書かれたバスに乗ってオールメンバーが入場。そこで高田がマイクを握って「日枝君、出て来たまえ!」と、今回の「PRIDE」放送中止に異を唱える。日枝氏は最初はトップ会談を「時期尚早」として却下するも、世論の強い後押しによってスタジオへ登場させられる。


和泉元禰の空中元禰チョップで瀕死の所まで追い詰められていた日枝氏を救ったのが、ホワイトナイト・北尾光司!! 北尾は高田にむかって「この八百長野郎!」とマイクアピール。かくて高田が勝てば、PRIDEはフジで放送継続との条件の下、UWFインター以来の「高田総統vsホワイトナイト北尾」が実現となる。


ところがチケットが売り出されるも、なぜか1080人分のチケットが入手できない。実は事前にこのブックを知っていた村上世彰が時間外取り引きで買い占めており、この容疑を認めた村上氏はその場で格闘家と転身し、「タイガー・S・ムラカミ」のリングネームで虎の仮面を被ってイベントの企業価値を高めるために「魔ヒルズ倶楽部」なる軍団を結成。第3勢力として両陣営をかき回し、PRIDEとフジの統合を迫る。


…と、僕なりの勝手なシナリオを描いてみたのだが、正直言って、天下のフジテレビがこの程度の貧弱なブックで終わることはないだろう。僕の予想を超えた展開がきっと起こる! ホリエモン乱入とか、USEN軍団の登場とか、シナリオ次第ではそこまでやれるはずなのだ。うーん、期待が高まる。


嗚呼。でもさ…。僕はもう大人になってしまったな。もう初代タイガーマスクの四次元殺法に心踊らせるだけの少年じゃないんだ。こういった記事を見てもすぐに「裏」のアングルを考えてしまう。実は本当のところを告白すると、この因縁を巡ってどんな試合がこれから組まれるのかは僕は全然知らないんだ。だけど、どんなにアングルだとかシナリオだとかヤオとか言われても、僕はプロレスが好きなんだ。それは変わらない。たとえどんな試合が組まれても、



いつまでもゴングが鳴った瞬間には少年の時のようにドキドキしてみせるよ!


[PR]
# by ontan | 2006-06-06 01:35 | 主張