シンガーソングライター&プロデューサーによるblog


by ontan

blog私論

久々にニュースと関係なく語ろう。


blogは面白いメディアだと思うんだよね。いろいろと期待する部分もあるんだけど、でも「これでいいのか?」と思うこともある。


とりあえず当初はあまり深く考えずにexciteを選んだのだが、ニュースにトラックバックを打てるのは面白い。というかこういうのはポータルでなく新聞社のサイトそのものがやってもいいんじゃないかとも思う。しかし反面、トラックバックされているエントリーも玉石混交だよなー。


これまでの僕が読んでみてイマイチ納得いかなかったエントリーは例えば、


1、単純な反応一言だけ
 (「すげえ」「許せない」とかだけで終わるもの)
2、ありがちな反応をありがちな言葉で語るだけ
 (「甘い!」「努力しろ!」)
…などかな?



1のように特に自分なりの言葉も視点も持たずに、こういう記事を書いている人達が、わざわざポータルサイトにトラックバックする意味って何なのだろう? そんなふうに思っていた。そういうblogに限って「アクセスランキングに参加してますのでクリックよろしく!」とか書いてあって、ああやっぱりblogってメディアには発展性がないのかなあ?と悲しい気持ちにもなったりもした。


2の人達については「ズバズバと世間を切っているぜ!」と自信満々だったりする人もいて読んでいて、萎える体験を何度もした。独自の視点から切っているなら読む方としても勉強になってよいのだが、あまりにステレオタイプなことしか書いてないものは読んでも時間の無駄と感じた。「批判的立場からの論」と言えば聞こえはいいが、要するにワイドショー主婦や酔っぱらいオヤジのひまつぶしレベルで、結局テレビのキャスターの劣化コピーに過ぎないと感じることが多かった。また、こういうblogってとてもネガティブなオーラが出ていることが多くてなるべく触れたくないとさえ思わされた。とにかく、こんなことではblogというメディアは時代遅れになりつつある地上波のTVさえ超えられないじゃないか、そんな気持ちにもさせられていた。


しかし最近『web進化論』(梅田望夫・ちくま新書)を読んでいて、「ブログの語源はweblogで"ネット上で面白かった記事にリンクを張りつつ、その感想を記録する"もの」との記述を見て、多少、納得した。例えばある特定のニュースに対してどのような反応が多かったかを調査するのであれば、各々の「石」に内容を深く掘り下げてもらう必要はない。むしろ単純なyes・noだけが簡潔に記されている方が調査の手間を省くことができる。つまり「量的」な調査のためには、膨大な「石」のblogは存在意義がある。「質的」な分析まで踏み込める一部の「玉」なblogがあれば、後は「石」でも問題はないのかもしれない。僕が上に記した2つのタイプのものが、そもそものblogの形だったなら、これでいいのだろう。


最近僕が沈黙したり、日本と外国の区別がつかない程に発狂して愚なる者をやってみたりしていたのも、blogの将来性ということをあれこれ考えてしまったからという理由もある。


まあ、いいや、この問題はここらまでにしておこう。突き詰めて考えると日本人の国民性とか学校教育とかにも行きついてしまう。よく考えてみれば現代の日本で誰もが独自の視点で面白い文章が書けるわけではない。大学入試の小論文、いや、小学校の作文でさえ「書けませーん」という人がむしろ普通なんだよな。


でも、僕はせっかくのひとつひとつの人間の営みをありがちな「石」にしたくはないんだよ。もっとよく見て、よく考えて、上手に切り取ってみたいと思っている。というわけで時々、気分転換に発狂するかもしれないけど、今後ともよろしく。

[PR]
# by ontan | 2006-06-02 04:11 | パソコン・ネット

過保護だ!

W杯終了まで試験を延期


試験に遅れそうとなれば電車を停め、受験番号を記載していなければこっそり救済するという甘やかされきった日本の学生達だが、遂にこんな日が来てしまった。



>ワールドカップの決勝戦が終了するまで、試験が延期されることになった。何百人もの学生が副学長の部屋を包囲して延期を要求していた。



「無理が通れば道理が引っ込む」とはまさにこのことである。社会ではそんな甘えは決して通用しない! いつから日本はこんな国になってしまったのだろう。我々の若い頃にはサッカーは無かったので、こんなことは起こらなかったが、今はこれが普通なんですかね?


文科省はこういった勘違いした輩を放置していてはならない。そもそも「世の中は甘くない」「何一つ自分の思い通りになることはないのだ」「情は悪だ」と教えるのが学校教育の役割である。決められたルールを守るのは当たり前のことで、例えばどんなプロレスラーでも反則は5秒以内までなのだ。まさに自己責任の時代。


今回のこの問題は賛否両論で、またもやbloggerの中で激しい議論となりそうな問題である。ここはひとつ小泉さんにお願いしたいのだが、決して情に流されず、サッカー大会なんぞにうつつを抜かし、自分の仕事や勉強を疎かにしている者達に正義のパンチをぶちかまして欲しい。


「情けは人のためならず」とはまさにこういうことを言うのだろう。辞書で調べてみて欲しい。

[PR]
# by ontan | 2006-06-01 09:13 | ジョーク

甘えるな!

上海、学生の試験期間中は夜間工事禁止


こうやって甘やかすことで、子供は何でも許されるような気持ちになって、増々子供達のモラルは低下していくであろう。嗚呼、たかが学生の試験ごときで「公共の」道路工事が禁止されるとは言語道断。今の時期に工事が休止されれば、消化できなかった分が後にずれ込んで、我が国恒例の年末の道路工事ラッシュは例年以上のものとなるだろう。いや、場合によっては完成できなかった道路工事は、否応無しに来年へとずれ込まざるを得ず、下手をすればセンター試験の時期に重なり、受験生は自分で自分の首をしめることとなり、結果として自身の道徳を反省することとなるのだろう。


「大道廃れて仁義あり」とはまさにこのことだぁ!!

[PR]
# by ontan | 2006-05-31 23:23 | ジョーク
学力二極化、6割感じる 大半が「所得格差が原因」



最近、こういうニュースが出るたびに、「努力で何とかしろ」とか「本人の意識の持ちようで変わる」「お金のせいにするな」というような単純な議論に持っていってしまう方が多い。


「教育格差」の問題が社会に認知されたのはいいが、その代償として、問題が非常に浅く捉えられている気がする。「努力しよう」とか「意識を変革しよう」とか「お金のせいにはしない」という発想を持つことができるような育ち方をしている者は、まだ良いのだ。問題はもっと根深い。


このニュースにトラックバックしている方々は、例えば「階層文化を媒介とした社会的不平等の再生産」という言葉が示している内容をおぼろげにでも理解しているのだろうか?(細かい定義でなくてもよいから、問題となっていることが何なのか程度はイメージできるのかな?)僕の印象では極一部の方だけかと思われる。


もしテレビか何かで単純化され本質をぼかされてしまっただけの浅薄な理解の中で、「努力しろ!」だの叫んでいるだけならば、そう叫んでいる方こそ危険な階層に叩きこまれているのではないか? 皮肉なことだ。

[PR]
# by ontan | 2006-05-28 12:36 | 主張

でも吉野も…

<杉村太蔵衆院議員>ブログで盗用 事実認め削除


でも、吉野だって結構、パクってるよ。例えば暴走族仲間と一緒にステーキハウスに行くネタの一部は昔「欽ドン」のハガキコーナーで投稿されていた内容と同じだ。この「雪山ネタ」も吉野のオリジナルなのかどうか、何となく怪しい。だってこの手の話ってよく聞く話じゃん。


そもそも「面白い話」「人の心をつかむ話」というものは一定のパターンがあって、互いが似通ってくることはよくある。だからこそ、ユングは「共同性無意識」なんてことを唱えたわけだし。


僕の実際の友だちも同じ年頃に「失恋して雪山にこもる」という体験をしている。この手の行動ってのは、この年頃の男子のいかにも発想しそうなことだ。


これで揚げ足取られている杉村君はハッキリ言って日頃の行ないが悪過ぎるんじゃないの? パクリを糾弾していったら吉野自身だってヤバイよ。ビートたけしとか明石家さんまですらヤバイでしょ?


たかがタレントまがい議員に対して、もう少し寛容になってやってもいいんじゃない? ここを見ているあなたもテレビやマンガで見たネタをパクって、仲間に話したことがありませんか? 「独創性がないなあ」と思わないわけではないが、どこかで聞いた面白い話を語って聞かせるのは人間の一つの特徴だと思う。


ま、とにかく、これで一番得したのは「雑談講師」吉野敬介だよな。今をときめく杉村君と接触できて御本人も良かったよね。大衆受けする点では両者共通なんで、連携できてこれで良かったんじゃない?


政治家としての是非を論じないのかって? 杉村については「TVタレント」ととしか思ってないよ。でも、こんな程度のネタをパクっているようでは、タレントとしても失格だよな。

↓こちらの方も吉野のお得ぶりについて述べてます。
得してるの、元暴走族のアンタ ( ̄。 ̄)σじゃん。

[PR]
# by ontan | 2006-05-24 07:33 | 主張

意味なきアンケート

夢のためフリーターも 学生4割肯定、親は否定的



正直言って、ポイントがズレている気がする。昔からいわゆる「夢追い型」のフリーター的な立場の人ってのはいた。80年代後半からは「フリーター」という名が付いたが、それ以前にも「食えない」「不安定」な職種や収入でなんとかやりくりしながら、将来を模索しながら道を切り開こうとする人はいたのだ。もちろんそいつらは親に心配かけた親不孝者であったことは間違いない。その中からある者は夢をつかみ、ある者は軌道修正しながら生き延び、またある者は堕落していった。それ自体は時代が過ぎてもいろいろな形で残っていく現象であって今後もそういうタイプの者は存在していくだろう。


逆に言えば、好きでやってんだからそいつらは放っておけと思う。一旗あげようが、野垂れ死にしようが東洋大学の知ったことではない。


でも東洋大辺りにおいて一番問題にしなければならないのは、「正社員になりたい」のに「フリーターにしかなれない」という人達をどうするかじゃないの? 今僕の手元に「プレジデント06・5・15号」があって、「学歴と給料」という特集記事が載っている。この本の「給与偏差値ランキング」という資料によれば、東洋は100校中、90位。(ちなみに65位が専修大、71位が駒澤大。1位一橋大、2位東京大、3位慶応大だ。)中堅私大の就職が苦戦しているのは明らかで、上位私大との格差ということがプレジデント誌によって指摘されている。



東洋大は他大に比べて「夢追い人」が多かったりするのかな? もしそういうことであるなら、今あえてこの時代に「夢追いフリーター」について論じる意味もあるのだろうが、あまり僕はこのアンケートに意味や斬新さは感じない。この「新入生親子アンケート」とやらは何を目指して実施され、そのアンケートが他にどんな項目が挙げられていたのだろう? たとえば「夢が無いからフリーター・ニート」というタイプの人達の存在についてはこのアンケートはどう扱っていたの?


それでも「フリーター」とか「夢追い」とか言うキーワードに反応して熱くなって論じているブロガーの方は多いようで、このニュースにもたくさんトラックバックがついている。まあ、書きやすいネタだからね。気持ちはわかる。僕も便乗して久しぶりに書いてみたよ。

[PR]
# by ontan | 2006-05-02 14:39 | 主張
勉強の仕方一から教えます 大阪府、新高校生に合宿


まず、先生の多くは授業が下手!僕のこれまで出会った学校の先生は、民間の塾や予備校なんかと比べたら、本当にひどい人が多かった。しっかりと興味をひきつける授業ができていない。さらに先生が生徒を注意できない。なぜなら、注意してにそれに応えるだけの物を提供できない人が多いから。必然的に生徒は授業を聞かなくなる。けれども実は塾や予備校が教えている内容と学校で教える内容自体は70%くらいまでは大差ないと思う。ただ最大の違いは授業を聞いているかいないか、聞かせられるか聞かせられないかだ。だから「学校=授業聞かない場」となってしまっているせいで一部の良心的ないい先生もあおりを食っている可能性もある。


まずキチンと聞かせること。これは音楽のライブも同じ。聞かなければ良いも悪いも解るはずは無い。そこへの雰囲気作りなども含めてその人の実力だ。だが、先生がそれほどの実力を伴っていないのならば、生徒側の「授業を聞かない習慣」の方から改善をするのもひとつの手段だろう。「聞けば解る→解るから聞く」という連鎖の一歩目を作ることは多少幼稚なように見えても、いい試みだと思う。本当は小学生の頃の先生がキチンと「聞いて解る喜び」を教えてあげないといけなかったんだけどね。まずは初歩的なことでも「聞いて解る」という基本的な体験をさせてあげるのは大事なことだ。「授業という場に参加しよう」という意識から育てるべきだ。


最近思うこと。ライブハウスに来ていてもその場に参加できない人が増えている。一緒に場を分け合うことこそライブの醍醐味なのに、あたかもブラウン管の向こうのことのようにしか目の前のステージで起こっていることを感じられないみたいだ。生身の人間がそこで何かを訴えていても、それをちゃんと受け止めるということが苦手な人が増えた気がする。参加することで感じられるものがたくさんあるのに。人と人の連鎖でマジックが起こるということを体験してない人も多いのか。


大阪府の試みは幼稚なようで実は最も本質的な部分から何かを変えようとする試みだと思う。ただ、先生の方も一緒に努力して授業の質を高めてほしいな。そうしないと「二歩目」はきついぞ。

[PR]
# by ontan | 2006-02-03 19:19 | 主張